TOP

東加古川 おおみち眼科 | ドライアイ治療 涙点プラグ

ドライアイ

ドライアイ - 涙は目を守るための大切なもの

「涙」は目の表面をおおい、目を守るバリアのようなはたらきをしています。
ドライアイはそのバリアである涙が減少し、眼の表面が乾燥した状態のことです。
ドライアイの要因には様々なものがありますが、とくにパソコン、コンタクトレンズ、エアコンなどを使用することで涙が蒸発しやすく、不安定になり、目の表面の細胞を傷つけてしまいます。

ドライアイ患者数は増加傾向

高齢化、エアコンの使用、パソコンやスマートフォンの使用、コンタクトレンズ装用者の増加に伴い、ドライアイ患者さんも増えており、その数は2,200万人ともいわれています。

ドライアイの症状について

ドライアイ患者さんは、目が乾くなど典型的なドライアイ症状だけでなく、様々な症状に悩まされています。

薬の処方・治療

ドライアイには、専門的な治療が効果的です。 おもな治療には点眼液によるものと涙の通り道を塞ぐ治療があります。

点眼液による治療

ドライアイの治療に使われる主な点眼液は、涙に近い成分をもつ人工涙液とヒアルロン酸ナトリウムを含む角結膜上皮障害治療薬があります。
それに加えて最近では、ムチンや水分の分泌を促すジクアホソルナトリウムなどが発売されて、ドライアイ治療に使われています。 ヒアルロン酸ナトリウムには粘性があり、水分を保つ効果があります。水分を補給するだけでなく、涙や点眼液を目の表面に長く保てることから、角膜の傷の修復につながります。ジクアホソルナトリウムは目の表面の健康に重要な、涙の中にあるムチン、水分を分泌させる効果があります。いずれの点眼液も、医師又は薬剤師の指示どおりに使用しましょう。

※○は薬の働きを表しています。なお、その働きの強弱を示すものではありません。
涙点プラグによる治療

点眼液で効果が得られない場合は、涙点閉鎖による治療を行います。 涙の排出口である涙点を閉じ、涙の流出を抑えて、涙を目の表面に十分にためる方法です。
当院では『液体コラーゲンプラグ』を用いた痛みのないドライアイ治療を行っております。


涙点プラグとは

涙腺から分泌される涙の量が少ないのに涙点からどんどん涙が排出されると、涙の量が不足し、目の表面が乾いてきます。 そこで、涙の出口(涙点)に栓(プラグ)をすることで十分な涙が目に溜まるようにするのが涙点プラグ治療の考え方です。


液体コラーゲンプラグによる治療の実際

涙点は、まぶたの目頭近くに上下2つあります。細い管を用いて、液体のコラーゲンをまぶたの内側にある涙点から注入する治療法です。注入後、液体のコラーゲンは体温によってしだいに固まります。


  • 液体コラーゲンプラグ注入は簡単で痛みもありません
  • 液体コラーゲンプラグを用いた治療は通院で行えます
眼科全般
日帰り白内障手術
緑内障診療・手術
眼瞼(まぶた)・結膜手術
抗VEGF療法
レーザー治療
近視矯正手術
近視進行予防
眼瞼けいれん治療
舌下免疫療法
ドライアイ治療
3歳児検診