TOP

東加古川 おおみち眼科 | 白内障 日帰り手術

白内障

白内障とは?

水晶体は眼の中でレンズの役割をする組織です。正常な水晶体はほぼ透明で必要な光を十分に通しますが、水晶体がにごると光が十分に通らなくなります。これが白内障です。主な原因は加齢です。

正常な眼透明な水晶体は光を十分に通します。
白内障の眼水晶体がにごり、光が通りにくくなります。

白内障の代表的な症状

  • 視界が全体的にかすむ
  • 視力が低下する
  • 光をまぶしく感じる
  • 暗いときと明るいときで見え方が違うなど

正常な見え方正常な見え方
白内障の見え方白内障の見え方

もやがかかって見える、明るいところで眩しいなどの症状が現れ、見えづらくなります。

日帰り白内障手術

白内障の治療は主に手術によって行われます。
まず、角膜に2.5mm程度の小さな切開をし、にごった水晶体を細かく砕いて吸い出します。その後、人工水晶体である眼内レンズを挿入します。
当院でも日帰り白内障手術を施行しております。


白内障手術

1 にごった水晶体切開します
2にごった水晶体を
砕いて吸い出します
3眼内レンズを挿入します

眼内レンズについて

レンズは直径6㎜ほどで、後嚢に固定するためにループがついています。眼内レンズを一旦挿入すれば、取り換える必要はありません。

眼内レンズには大きく分けて単焦点眼内レンズと多焦点眼内レンズがあります。それに加えて乱視を軽減する眼内レンズもあります。


眼内レンズは人の水晶体と違い、ピントを調節する機能はありません。

ピントが合う距離が1つなので、患者さんはご自分の生活スタイルに合わせて、手元から遠くまでのどこか1点で、ピントの位置を選ばなければなりません。選んだピント以外の距離にはピントが合わないので、その距離を見るためには眼鏡が必要になります。

当院では従来の単焦点眼内レンズはもちろん、乱視用眼内レンズも取り扱っております。

手術後に乱視が強く残った場合(眼内レンズは遠目狙い)

手術後の乱視が少ない場合(眼内レンズは遠目狙い)


このように乱視用レンズを入れることで遠くの文字等がよりクリアに見えるようになります。

また糖尿病網膜症や加齢黄斑変性等網膜のご病気をお持ちの方にはその後のレーザー光凝固や硝子体手術にも対応できるように大口径レンズを第一選択としています。
このレンズの直径は7.0㎜で、通常の眼内レンズ(6.0㎜)より1㎜長くなっています。
直径が1㎜長いことで目の奥の網膜の様子が観察しやすくなります。

エタニティー ナチュラル® モデルNX-70

エタニティー ナチュラル® モデルNX-70

■光学部径: 7.0mm

くわしくは医師、スタッフにおたずねください。
(なお、乱視用眼内レンズ、大口径眼内レンズとも保険が適応されます。)

眼科全般
日帰り白内障手術
緑内障診療・手術
眼瞼(まぶた)・結膜手術
抗VEGF療法
レーザー治療
近視矯正手術
近視進行予防
眼瞼けいれん治療
舌下免疫療法
ドライアイ治療
3歳児検診