TOP

東加古川 おおみち眼科 | 3歳児検診

3歳児眼科検診

目の発達に重要な時期

乳幼児期(生後〜6歳ぐらい)は、目の発達にも重要な時期にあたります。この時期に目のピントが合っていない状態だと、視力や両眼視機能(立体視など)がうまく発達しません。そのため3歳児健診は目の発達を知るためにとても大切な健診です。お子様の視力などの発達に遅れがないか調べてあげましょう。
異常の発見が早ければ早いほど治療が有効となるからです。

生まれたばかりの赤ちゃんの目は、形はほぼ完成されていますが、視力は未熟で目の前がぼんやり見える程度です。 視力は、

  • 3ヵ月で0.02~0.03
  • 6ヵ月で0.04~0.08
  • 8ヵ月で0.1程度
  • 1歳で0.2前後

に発達します。

その後どんどん発達し、

  • 3歳半を過ぎると0.7~1.0
  • 4歳で71%
  • 5歳で83%が1.0

に達するといわれています。

もちろん、個人差はかなりあります。 われわれは普通1.0の視力を健康視力としていますが、生まれたときから1.0というわけではありません。毎日ものを見ることによって、からだの発育とともに視力もだんだんと発達します。 視力の発達する期間(生後〜6歳ぐらい)に、強い屈折異常(ピントが合っていない状態)などがあると、視力が悪い状態のまま発達が止まってしまいます。これを弱視といいます。 弱視の治療で大切なことは、早く発見して早く治療を始めることです。

視力の発達期間を過ぎてから治療を始めても、視力は発達しません。生後初めて視力を測る機会である「3歳児眼科検診」は、弱視の早期発見にとても重要です。 入園時や就学時に視力不良を指摘されたお子様の保護者の方に3歳児検診について尋ねてみますと、「受診していない」「視力検査はしなかった、できなかった」「うまくできなかったがふざけていると思った」「生活態度に変わったことがなかったので見えていると思った」 といった答えが多いのです。

うちの子は大丈夫と思っても、忙しくても面倒がらずにぜひ健診を受けてください。 また、視力検査は、検診の前にご家庭でチェックしていただく場合が多く、自宅での視力検査が上手にできなかったときには、健診のときに申告して再検査を希望していただくことをお勧めします。

当院は加古川市、稲美町、播磨町の3歳児検診の指定を受けております。

眼科全般
日帰り白内障手術
緑内障診療・手術
眼瞼(まぶた)・結膜手術
抗VEGF療法
レーザー治療
近視矯正手術
近視進行予防
眼瞼けいれん治療
舌下免疫療法
ドライアイ治療
3歳児検診